前へ
次へ

離婚裁判を起こすことで得られるメリット

離婚の意思が固まっているのに離婚の話がなかなか進まないときは、離婚裁判に踏み切ってみるのも一つの方法です。離婚調停と離婚裁判の大きな違いは、裁判を起こすことで相手の意思に関わらず離婚を成立させることができる点にあります。離婚調停は、あくまでも双方の話し合いで解決することになるため、相手が離婚を拒否した場合はなかなか離婚ができない特徴があります。その点、裁判を起こせば、裁判官の判断により離婚を成立させることが可能です。そのため、どうしても離婚したいという強い意思が固まっている場合は、調停で話し合うことにこだわらないで、離婚裁判に踏み切ってみましょう。もしも裁判を起こしたいときは、離婚問題に強い弁護士が在籍している法律事務所に相談することが大切です。インターネットを利用すれば、離婚問題に強い実績豊富な法律事務所を手軽に見つけることができます。まずは法律事務所に相談の予約を入れることから始めてみるとよいでしょう。ちなみに、相談に無料で対応している法律事務所もあります。相談のために費用をかけたくない場合は、無料相談を行っている法律事務所を選びましょう。

Page Top