前へ
次へ

離婚裁判の悩みは弁護士に相談しよう

結婚式で永遠の愛を誓ったカップルも、配偶者の浮気やDV、モラハラなどが原因で離婚を考えている人が少なくありません。離婚後の生活に不安を感じている人が多く、離婚を有利に進めたい人がほとんどです。配偶者が非を認めず、離婚に応じない時は離婚裁判に発展することもあります。離婚裁判は家庭裁判所で調停をすることが多いです。お子様の養育費や親権、慰謝料などで有利に進めたい場合は、信頼できる法律事務所の弁護士に相談することが大事です。性格の不一致や、配偶者が重度の精神疾患に罹った時などは、協議離婚を行うことが多いです。結婚をする時よりも、離婚問題は深刻に悩みを抱えている人が多いです。一人で悩んでいても、なかなか解決はしないので、法律事務所の弁護士に相談して下さい。法律事務所の弁護士は離婚調停に必要な書類の揃え方や書き方などを指導してくれます。離婚を有利に進めるためのアドバイスもしてくれます。離婚問題は裁判が長引くこともありますが、親切で丁寧な応対なので安心して依頼できます。報酬は後払いになっています。

Page Top