前へ
次へ

離婚裁判などの裁判が公開されるのは基本的だ

離婚裁判が行われる場合があると思われますが、それを含めて裁判は公開されるというのが基本的であると言われています。つまり、裁判を傍聴するのはどんな人でも基本的に可能であるという訳なので、陳述の内容などが露見されることを考える必要があります。また個人的な情報が公開される範囲について、不安を感じる人もたくさんいるのではないかと考えられます。ところが、主張などにおいては、あらかじめ書面を裁判所などに出すという形式で行うことになっています。また口頭弁論期日において、陳述したものとして扱って進められることになっていて、出された書面は読み上げられないとされています。手続きを行わなければ、尋問を除く証拠の具体的なものは閲覧されないことから、あらゆる情報において仔細に伝わることはないのが殆どです。裁判が公開されるのは基本的なことですが、離婚裁判はプライベートなことが含まれると考えられるので、考慮されているのではないかと思われます。

Page Top