前へ
次へ

離婚裁判の流れを知る弁護士に相談する

離婚をするにあたって離婚裁判をすることになったら実際に裁判所に行く必要があります。刑事裁判と異なるので傍聴されるわけではなく、当事者と裁判官のみで行われていきます。基本的には離婚裁判になれば互いに弁護士をつけることになるので、それぞれの弁護士が主張を伝えて必要に応じて当事者が答弁を行います。裁判官がどんな質問をしてくるのか、それに対してどうこたえるのかによっても判決が左右することもあるでしょう。離婚に関する裁判は非常に多く行われていて判例も多くあります。過去の判例に基づいて判決が決まるケースが多いので、どんなケースならどんな判決が出やすいかなどは弁護士であればわかっているでしょう。つまりは有利に進められる流れを知っている弁護士であれば、こちらに有利なように導いてくれる可能性が高くなります。慰謝料をできるだけ高くしたいときにどうこたえていくと裁判官の印象がよくなるかなどを知っている人なら、希望の慰謝料が取れるかもしれません。

Page Top