前へ
次へ

有利にする離婚裁判とは

離婚の合意が上手くいかない場合には、離婚裁判をおこなう必要がありますが、さまざまな事情を考慮して財産分与や親権、慰謝料を決めていきます。仕事の有無や離婚理由などによっては、離婚できないこともありますし、親権でもめれば裁判も長引く場合がありますので、時間がかかることは双方が覚悟しなければなりません。一般的には、女性の立場と男性の考えが異なる場合が普通ですので、自分に有利になるかどうかは内容によることも知っておくことが大切です。離婚裁判によって、自分の子どもたちが不安定な精神状態になることがありますから、言葉を選び考えを伝えることも必要です。離婚裁判でよくないことは、感情だけを優先して話し合いをしなかったり、うそを伝えることですから、婚姻関係を継続しがたい事由を説明できることも大切です。また、具体的な証拠が多いほど話が通りやすくなりますから、パワハラや浮気などに関する画像や音声などは保管しておくとよいでしょう。

Page Top